「日本で働く外国人が足りない」外国人雇用協議会理事が語る外国人労働者の現状

Pocket
LINEで送る

近頃、外国人労働者の問題が関心を集めている。

法務省によれば、日本で働く外国人の数は、昨年末時点で約128万人に達したという。法務省が統計を取り始めてから過去最高の記録だ。

今年9月には訪日外国人観光客の数が5年ぶりに減少したことが関心を集めた一方で、外国人労働者の数は増加の一途をたどっている。

(参考記事:5年ぶりに減少した訪日外国人観光客。なかでも韓国人観光客がもっとも減った理由は?

「日本で働く外国人はまだまだ足りない」

そんな中、最近は一般紙でも外国人労働者の実態が取り上げられており、各種メディアで特集が組まれることも多い。