韓国時代劇を面白くする朝鮮王朝三大悪女にはオモテとウラがある!

Pocket
LINEで送る

王宮にあった財宝を勝手に持ち出すという強欲ぶりで、燕山君の悪政に加担した。よほど周囲から怨みを買っていたようで、燕山君がクーデターで王宮を追放されたあとに、彼女は斬首になっている。

(写真提供=SPORTS KOREA)ドラマ『オクニョ』ではパク・チュミがチョン・ナンジョンを演じた。

鄭蘭貞は、11代王・中宗(チュンジョン)の3番目の正妻だった文定(ムンジョン)王后の手先だった悪女だ。

この文定王后は自分が産んだ息子を王位に就けるために様々な陰謀をめぐらした王妃で、その実行役となったのが鄭蘭貞だ。

史実での鄭蘭貞は文定王后の威を借りて悪女の典型のようにふるまう。しかし、1565年に文定王后が世を去ると、後ろ楯をなくして失脚。最後は自害せざるをえないほど落ちぶれた。

張禧嬪は、19代王・粛宗(スクチョン)に寵愛された側室で、権謀術数を駆使して一介の宮女から王妃まで昇格した。