羽生結弦の対抗馬となるか。「羽生に似ている」韓国の新星チャ・ジュンファンとは?

Pocket
LINEで送る

10月20日に開幕したフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ。

今季から実施されたルール改正も注目されるなか、先週末に行われた第2戦スケートカナダでは、男子シングルの宇野昌磨が逆転優勝を果たした。

男子シングル日本勢の活躍に期待が集まっているが、昨日11月2日に開幕(男子シングル種目は本日3日から)した第3戦のフィンランド大会で特に注目されているのは、羽生結弦だろう。

今年2月の平昌五輪で66年ぶりとなる五輪連覇を果たした羽生は、今季初戦となった9月のオータムクラッシックでも見事に優勝を飾っただけに、GP初戦となるフィンランド大会でも注目度が高い。

韓国も、羽生には関心を寄せている。

もともと羽生は韓国で知名度が高く、 “ウセンキョルヒョン”という別名も付けられ、韓国ファンが立ち上げたファンサイトが存在するほど人気を集めていた。

平昌五輪当時は、韓国メディアもこぞって羽生の快挙を取り上げていた。

(参考記事:【画像あり】韓国カメラマンが撮った羽生結弦。記者会見から練習、スホランとのツーショットも!!

ただ、今回のGP第3戦フィンランド大会では、韓国のフィギュア・ファンたちが羽生を注ぐ視線がこれまでと少し異なっている。