アン・シネも2次QT通過。新“セクシークイーン”ユ・ヒョンジュからのメッセージ

Pocket
LINEで送る

アン・シネ
初日は1オーバー73打とそれほど良くはなかったが、2日目72打、3日目67打と右肩上がりにスコアを上げ、トータル4アンダーの3位でセカンドQTを通過した。

日本では人気先行の印象があるかもしれないが、アン・シネはたしかなゴルフの実力を持っている。2009年に韓国1部ツアーに昇格すると、その年の新人王に輝いているし、翌2010年には2勝をあげて賞金ランキング3位に入ったこともある。

ちなみに、そのとき賞金女王に輝いたのがイ・ボミで、2人は同じ建国大学ゴルフ部に籍を置くなど“意外な共通点”が多くて、ちょっとした話題になった。

ただQTは、キム・ハヌルが「ゴルフ人生で最も緊張した日々だった」と振り返るほど、普段の大会とは雰囲気が異なり、実力が発揮できないケースも少なくない。それだけにアン・シネが無事セカンドQTを通過したことは、朗報といえるだろう。

もう一人の選手は、ユ・ヒョンジュだ。