JYJジュンスが兵役として務めた義務警察はなぜ廃止されるのか?

Pocket
LINEで送る

義務警察の母体となったのは戦闘警察である。

北朝鮮のスパイ摘発やデモの鎮圧を目的に1971年に創設されている。

その戦闘警察の一部として1982年に新設されたのが義務警察だ。主な任務は、デモの鎮圧、派出所勤務、交通整理、重要施設の警備、啓蒙活動などで、兵役対象者の代替制度として拡張されてきた。

一方、母体となった戦闘警察は2013年に廃止になってしまった。以後は、義務警察が兵役対象者の代替を担ってきた。

義務警察隊員になれるのは、現役兵の対象者だけだ。

実際には選抜試験が実施され、合格者は4週間にわたる新兵訓練を受けたあと、軍務の代わりに義務警察で兵役を履行してきた。

この義務警察の人気は高く、応募者が増える一方だった。

しかし、韓国政府は毎年段階的に義務警察の人数を減らしていき、2023年までに義務警察を完全に廃止する計画を立てている。

その理由は何か。