JYJジュンスが兵役として務めた義務警察はなぜ廃止されるのか?

Pocket
LINEで送る

韓国では2000年以降に出生数が大幅に減っている。

社会的にも深刻な少子化になっているのだ。

その結果、2020年以降は成年男子が減り、規定の入隊人員を確保できない状況になっている。現在、韓国軍は兵力を10万人以上も削減している過程にあるが、それでも数年後には欠員が生じかねないのだ。

その事態を避けるために、今まで兵役の代替制度として活用してきた義務警察を廃止して、兵役対象者をなるべく多く軍に入隊させようとしている。

義務警察制度の廃止問題は、この制度を使うことが多かった芸能人にとっても影響が小さくない。

(文=康 熙奉)

康 熙奉(カン・ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。主な著書は『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

■関連記事
チャン・グンソク!兵役問題で真摯に説明責任を果たす
チャン・グンソクが1億ウォンを寄付した漢陽大学とはどんな大学?
多才なチャン・グンソクは俳優から監督をめざすのか