BTSの運命もこれで一変した!? 韓国音楽界を支配する「曲名運命論」とは

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)BTS

2ndアルバムの『WINGS』というタイトルは、「紆余曲折を乗り越えて立派に羽ばたきたいという意味を込めて」付けたものらしいが、それがぴったりハマって現在は世界を股に掛ける活躍を見せている。

ちなみに、曲名運命論も絶対に当てはまるわけではなさそうだ。

2016年に『Good Luck』を発表したAOAは同局で音楽番組1位に輝くも、ランキング操作疑惑が浮上。

また、メンバーたちの浅い歴史知識が炎上し、プロモーション活動を中止せざるを得なかった。

日本に古くから伝わる“言霊”とどこか似ている「曲名運命論」。

好きな歌手の運命を知りたければ、楽曲のタイトルに注目して見るのもアリかもしれない。

(文=S-KOREA編集部)