①ガンバ大阪編/Jリーグの社会貢献活動には特別な理由がある【特別企画】

Pocket
LINEで送る

・観衆増加だけが目標ではないJリーグクラブの社会貢献活動

・選手らの積極的な参加と地域関連団体の積極的な協力

・真正性とたゆまぬ活動だけが地域の心を掴む

【ニュース提供=韓国『sportalkorea』】現在、韓国のプロサッカーリーグであるKリーグの各クラブは、過去のように勝利と優勝のためだけに存在しない。現在はファンを集めるために競技場の外に出て、ボランティアをはじめとする多様な社会貢献活動を通じて、ホームタウンとともにあろうとしている。

しかし、韓国プロスポーツクラブの社会貢献活動は不十分だ。たしかに多様に準備して頑張っているのだが、何か物足りなさを感じる。はたして何が問題なのだろうか。

これを知るために早くから社会貢献活動の重要性を認識し、活発に活動を繰り広げている日本に渡った。Jリーグ各クラブの社会貢献活動を通じて、Kリーグに必要な点が何かを把握できると思ったのだ。

『sportalkorea』は、韓国と日本のプロサッカークラブの社会貢献活動を比較分析した報道を連載する。これを通じて、Kリーグのクラブが今よりさらに良い社会貢献活動を展開することを期待する。

日本のJリーグは現在、3部リーグまで構築されている。それぞれJ1、J2、J3リーグと呼び、計57クラブが属している。

このうち、J1に属するクラブの23歳以下クラブがJ3に参加しており、その3クラブを除いた計54クラブがプロクラブだ。そして、これらすべてのクラブ公式サイトにアクセスすれば、共通した単語を見つけることができる。他ならぬ「ホームタウン活動」だ。

韓国では社会貢献活動と呼ぶが、日本では「ホームタウン活動」と呼ぶ。Jリーグのホームページには「地域に愛されるクラブになるため、Jリーグのクラブはホームタウンのファンたちと心が通じ合う多様な活動をする」と説明してある。

文章だけを見ると、KリーグとJリーグの目的の違いはあまりない。Kリーグのクラブもホームファンから愛されるため、そしてその声援に応えるために社会貢献活動を繰り広げている。

しかし、Jリーグのクラブには特別なものがあった。それは、「地域密着」だ。

サッカークラブ以上を夢見るガンバ大阪

ガンバ大阪は、J1優勝2回など、今年まで各種大会で計9回も優勝しているJリーグの名門クラブだ。今季はホーム試合で平均2万3190人を記録するなど、Jリーグ内の人気クラブとして定着している。

しかし、ガンバ大阪はまだ不足感を感じているという。