韓国人Jリーガーが率直に語った!!「Jリーグのクラブはファンとともにある」

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=韓国『sportalkorea』】Jリーグでは多くの韓国人選手が活躍している。その中でもオ・ジェソク、ファン・ウィジョ(以上、ガンバ大阪)、チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)は、日本でも有名な代表的な韓国人Jリーガーだ。

三人の中でオ・ジェソクは最も長くJリーグで選手生活を送っている。オ・ジェソクは水原三星、江原FCを経て2013年にガンバ大阪に移籍し今日に至る。

チョン・ソンリョンは2016年、ファン・ウィジョは昨年2017年からJリーグで選手生活を送っている。

三人はそれぞれJリーグに進出した時期が異なる。しかし、一つの共通点がある。それは、所属クラブの社会貢献活動に積極的に参加しているという点だ。

三人は韓国国内でプレーしていたときとは異なる社会貢献活動を経験した。その経験に満足しており、引き続きファンたちを集めるためにスタジアムの外に出て活動を続けている。彼らが伝える経験談は、社会貢献活動を準備して実行している韓国Kリーグのクラブにも良い助言になるに違いない。

JリーグとKリーグの違い

――Jリーグに来たあと、社会貢献活動に参加しているか?