BTS(防弾少年団)の「Mステ」出演中止を韓国はどう見ているのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)BTS
韓国はもちろん、日本やアメリカなど世界中で人気を集めるK-POPボーイズグループBTS(防弾少年団)。

11月9日の20時からテレビ朝日系で放送される『ミュージックステーション』への出演を予定していたが、放送前日の8日に出演が急きょ中止となり、関心を集めている。

BTSは、以前にメンバーのJIMIN(ジミン)が着用していた原爆投下の写真がプリントされたTシャツのデザインがネット上で物議を醸していた。

『ミュージックステーション』公式ホームページは、「番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果」と、出演を見送った経緯を説明しているが、突然の出演キャンセルは、BTSの母国である韓国でも波紋を広げている。

「BTS、日本の音楽番組の出演取り消し…嫌韓の標的?」(通信社『NEWSIS』)
「BTS、日本の“Mステ”出演突然取り消し」(経済紙『毎日経済』)
「韓日関係が悪化するなか…BTS、日本の音楽番組の出演が突然取り消し」(一般紙『韓国日報』)
など、さまざまな韓国メディアで数多く取り上げられている。

BTSは、さまざまなスキャンダルやサクセスストーリーと関連付けられてきた韓国歌謡界の“曲名運命論”も適用されるなど、母国でも絶大な人気を集めるグループ。それだけに、今回の騒動にはファンもメディアも驚きを隠せない様子だ。

「何が問題なのだ」と伝える韓国メディアが多い印象

特にJIMINが着用したTシャツに言及するメディアが多い。