BTS(防弾少年団)問題、「報復」「逆襲」の声ある中で彼らは何を語るか

Pocket
LINEで送る

先週に勃発したBTS(防弾少年団)の『ミュージックステーション』出演中止のニュースの余波は、依然として静まる気配がない。日本では新聞、ネットメディアはもちろん、テレビのワイドショーでも取り上げられているし、韓国でも連日のように報じられている。

試しに韓国の大手ポータルサイト“NAVER”で「防弾少年団 日本放送 中止」と検索してみると、放送当日の11月9日は145件、翌日11月10日は128件の記事がヒットした。

新しい週が明けた昨日もBTSと日本に絡めた記事が50本を超えていたほどだ。韓国でも『Mステ』出演中止騒動への関心が高いことが伺える。

過去にもあったBTS海外トラブル

もっとも、BTSの海外活動でトラブルが発生するのは今回が初めてではない。