アン・シネだけじゃない!!韓国女子ゴルフの新旧セクシークイーンがサードQTへ!!

Pocket
LINEで送る

先週行われた女子ゴルフの「大王製紙エリエールレディスオープン」は、20歳の勝みなみが制した。

賞金ランキング2位の申ジエが優勝を逃したため(4位)、今週の最終戦を前に、アン・ソンジュの賞金女王が確定。4年ぶり、4度目の賞金女王に輝いた。

今季も韓国女子ゴルファーの活躍が目立っている。

これまで37大会のうち、アン・ソンジュ5勝、申ジエ3勝、黄アルム3勝などと計14勝しており、賞金ランキングでもワンツーを記録中。“韓国美女ゴルファー神セブン”のイ・ボミ、キム・ハヌルは苦戦しているが、だからこそ韓国勢の層の厚さが改めて実感できたともいえる。

そんな韓国勢が来季、さらに層を厚くするのかを占うサードクォリファイングトーナメント(QT)が昨日(11月20日)から始まった。

今年は例年以上に多くの韓国女子ゴルファーが出場しているが、特に注目を集めているのは2人の選手だろう。

24歳の次世代セクシークイーンにも注目

まず、“セクシークイーン”アン・シネだ。