かつて韓国で「兵役は芸能人の墓場」と呼ばれたが現状はどう変化している?

Pocket
LINEで送る

かつて韓国芸能界で「兵役は芸能人の墓場」と呼ばれたのは、兵役中に人気が落ちてしまった芸能人が多かったからだ。

しかし、今はどうなのか。

いまだに「墓場」の印象が強く残っているのだろうか。

長かった兵役期間

以前の韓国芸能界で男性芸能人が兵役中に人気を落としたのは、兵役期間が長かったことも一因だった。

例えば、陸軍の場合は1986年には36カ月もあり、1993年でも26カ月だった。

しかし、2011年からは21カ月になり、2018年9月には「兵役期間18カ月」が閣議決定された。

この変化を見ると一目瞭然だ。かつては丸3年も芸能人はブランクを強いられていた。兵役が「墓場」と称されたのも無理はない。

けれど、今は1年半だ。丸3年に比べると、違いは歴然としている。入隊する芸能人にとっても、精神的な負担はかなり違うだろう。

芸能人が忘れられるもう1つの原因とは

徴兵期間が長かったことの他に、もう1つ、兵役入りした芸能人が忘れられる原因があった。