欧州CLデビューしたバイエルン・ミュンヘンのチョン・ウヨンは何者なのか

Pocket
LINEで送る

欧州でプレーする一人の韓国人選手が話題だ。

その名はFCバイエルン・ミュンヘンのチョン・ウヨン。本日28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ、バイエルン対ベンフィカ戦でついにトップチームでのデビューを飾った。

背番号20をつけたチョン・ウヨンは80分過ぎにトーマス・ミュラーと代わって出場。夢の舞台に立った(試合は5-1でバイエルンが勝利)。

チョン・ウヨンは1999年9月20日生まれの19歳(かつてヴィッセル神戸などでプレーしたチョン・ウヨンとは同姓同名だが別人である)。

バイエルン・ミュンヘンのユースチームやリザーブチーム(4部リーグのバイエルン・ミュンヘンⅡ)でプレーしてきたチョン・ウヨンは、11月25日に行われたブンデスリーガ第12節、デュッセルドルフとのホーム戦で自身初となる1軍ベンチ入りも果たしていた。

チョン・ウヨン自身は「試合に出場していないので、特別な感じがあるわけではない」と話していたが、この快挙は韓国メディアでも数多く取り上げられている。

日本でも一部メディアで報じられていたが、その経歴や選手像は詳しく知られていないのも事実だろう。韓国大注目のチョン・ウヨンとは何者なのか。

アンチェロッティが「すぐ契約しよう」

そもそもチョン・ウヨンは、これまでも韓国サッカーファンの間ではその名が知られてきた。