韓流スターたちを悩ます「借金・詐欺・金銭トラブル」の“家族リスク”とは?

Pocket
LINEで送る

日本では2世タレントたちがトラブルやスキャンダルを起こすたびに“親の七光り”を指摘され問題になったりするが、韓国では親や家族が起こした問題がスターやアイドルたちの足を引っ張り、そのイメージを傷つけることが多々ある。

韓国芸能界を悩ませる「ビットゥー」運動とは

最近も韓国芸能界では、「ビットゥー」運動に頭を悩ませている。

「ビッ」というのは日本語で「借金」や「借り貸し」のこと。韓国ネット掲示板に芸能人の家族へ貸したお金を踏み倒されたり、騙し取られたという告発が相次いでいることから、メディアが「#MeToo」にちなんで「ビットゥー」と呼んでいるのだ。

(写真提供=SPORTS KOREA)Microdot
事の発端は、人気上昇中のラッパー、Microdotの両親が約20年前に巨額の詐欺を行い、ニュージーランドに逃亡したというネット上の噂だった。

噂に対してMicrodot側は「事実無根だ。名誉毀損による法的対応を行なう」と強く否定するも、被害者らが警察に提出した当時の書類や証言などが次々と公開されると立場を一転。「親のせいで傷ついた方にお詫びする。息子として責任を取る部分があると思った」とし、出演中の全番組から自主的に降板した。

それから間もなくして今度はラッパーのDOK2の母親に詐欺疑惑が浮上。母親が過去に中学の同級生から1000万ウォン(約100万円)を借りた直後、行方をくらましたとの内容だった。

DOK2はすぐさまインスタグラムのライブ配信を通じて「それは2003年に民・刑事的に完結した事件だ」と説明したが、「自分にとって1000万ウォンは1カ月分の食費程度にしか過ぎない。お金が必要ならライブ会場に訪ねてこい」と、債権者をバカにするような発言も付け加えたことで物議を呼んだ。

大統領府の国民請願にも…

先日は、韓国大統領府の国民請願にも“ビットゥー”の告発文が登場した。