パク・ボゴムやBTS(防弾少年団)は引っ張りだこか…韓国で授賞式が“飽和状態”なワケ

Pocket
LINEで送る

12月になり、いよいよ年の瀬ムードが高まり、賞レースの季節となる。

音楽ファンや映画ファン、ドラマファン注目の授賞式などが多数行われることになるが、年末に授賞式が多いのは韓国も同様だ。

年末には毎年恒例のKBS、SBS、MBCの地上波3局が主催する「歌謡祭」や「演技大賞」などがある。

最近も韓国2大映画祭のひとつといわれる「第39回青龍映画賞」が開催され、人気女優たちが艶やかなドレス姿を披露したレッドカーペット・セレモニー]などが大きな話題になった。

12月1日には『2018 MelOn Music Awards』が行われ、12月10日からはアジア最大級の音楽授賞式とされる『Mnet Asian Music Awards』(MAMA)が控えている。

(写真提供=SPORTS KOREA)パク・ボゴム
“アジアのグラミー賞”を目指すMAMAは今年、10日に韓国、12日に日本、14日には香港で開催。今や飛ぶ鳥を落とす勢いで人気絶頂の俳優パク・ポゴムが2年連続でMC(司会)を務めることもあって、日本でもかなり注目が高いと聞いている。

(参考記事:『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムは最高に魅力的な主人公を演じきった!

いまや「年中無休で授賞式」

ただ、それも無理はないだろう。MAMAだけに限らず、その年を彩ったスターたちが一堂に集結するのだ。それだけに注目度も高いが、その一方で授賞式が多すぎるという指摘があるのも事実だ。