右翼騒動が弱点、日韓の区別なし…FNS歌謡祭に出演したIZ*ONE、韓国では賛否

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)IZ*ONE
昨日5日に放送された『FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ系)。日本を代表するアーティストが一堂に集結したが、個人的に注目していたのは日韓合同ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)だ。

宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美らAKB48メンバーも所属するIZ*ONEは、今年6月から韓国のケーブルテレビ局Mnetで放送されたオーディション番組『PRODUCE48』の合格者12人で結成されたアイドルグループ。

AKB48メンバーも参加して日韓の候補者96人が繰り広げたサバイバルは、日韓で同時放送されると日本でも大きな反響を呼んだが、同番組から輩出されたIZ*ONEは人気が高い。

10月29日にリリースされたデビューアルバム『COLOR*IZ』は、日本のオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。

また先日、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが発表した『JC・JK流行語大賞2018』の「モノ部門」4位には『PRODUCE48』が入っていたし、AMFが同時発表した『JC・JK 2019トレンド予測』でもIZ*ONEが「ヒト部門」1位に輝いていた。

そんなIZ*ONEにとって、今夜の『FNS歌謡祭』はグループ初となる日本の音楽番組出演となる。

日本で着実に支持を広げていることがうかがえるが、韓国ではIZ*ONEが賛否両論を呼んでいることをご存じだろうか。

IZ*ONE日本人メンバーが“右翼判定”されるワケ

もちろん、韓国にもIZ*ONEのファンは多い。