ドラマ『オクニョ』で存在感光るユン・テウォン役の俳優コ・ス特別インタビュー

Pocket
LINEで送る

NHKで毎週日曜日夜に放映されている韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女(人)』。16世紀の朝鮮王朝を舞台にした同作に夢中になっている視聴者たちは多いはずだ。

“尾木ママ”の愛称で知られる教育評論家の尾木直樹氏も、以前、『週刊文春』のコラムで「深夜なのに高視聴率 韓国ドラマ『オクニョ』が待ち遠しいワケ」と題した“オクニョ愛”を論じていた。

主人公オクニョを演じるチン・ヨセンは今や、日本でもすっかり有名な女優にもなった。

そんな『オクニョ』の中で重要な役割を果たしているのが、主人公オクニョを支えるユン・テウォンだろう。

(写真提供=SPORTS KOREA)『オクニョ』でユン・テウォン役を演じたコ・ス
機転が効いて義のためなら大胆な行動にも打って出るユン・テウォンの姿は頼もしくもあるが、そもそもユン・テウォンを演じる俳優コ・スも韓国芸能界で確かな信頼を得ている俳優だ。

今年でデビュー20年目。韓国のテレビ各局が年末に実施する演技大賞や各種映画祭での受賞歴は数知れず、先日12月1日に韓国ソウルで行われた『MelON Music Award』ではプレゼンターも務めた。

東野圭吾原作の映画にも出演

その出番の前に時間を作ってもらい、『オクニョ』のエピソードや日本について訊いた。