俳優コ・ス、韓国ドラマ『オクニョ』の撮影秘話と日本を語る【インタビュー】

Pocket
LINEで送る

【前回】ドラマ『オクニョ』で存在感光るユン・テウォン役の俳優コ・ス特別インタビュー

NHKで毎週日曜日夜に放映されている韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』で主人公オクニョを支えるユン・テウォンを演じている俳優コ・ス。

1998年に芸能界デビューし、ドラマでは『グリーンローズ』(2005年)や『クリスマスに雪は降るの?』(2009年)、映画では『白夜行』(2009年)や『高地戦』(2011年)、『マルティニークからの祈り』(2013年)などの印象が強かった彼が、『オクニョ』への出演を決めたと聞いたとき、ちょっぴり意外だった。

(写真提供=BH Entertainment)インタビュー中のコ・ス

というのも、『オクニョ』は時代劇であり、全51話の長編ドラマだ。

慣れないジャンルであり、半年以上の制作期間を余儀なくされるだけに躊躇してもおかしくはなかったはずだが、コ・スは出演オファーをもらった時点で迷いはなかったという。