今年は日韓相互でリメイク制作が活発化。どんな日本作品が韓国でリメイクされたのか

Pocket
LINEで送る

2012年にフジテレビで放送された堺雅人主演の法廷ドラマ『リーガル・ハイ』が、韓国でリメイクされるという。主人公の弁護士・古美門研介役は『太陽の末裔』でブレイクした俳優チン・グが務め、新垣結衣が演じた黛真知子役は、女優ソ・ウンスに決まった。2019年2月からの放送予定だが、早くも期待の声が上がっている。

また、織田裕二主演で今年WOWOWで実写ドラマ化された『監査役野崎修平』も韓国でリメイク予定。韓国版タイトルは『ザ・バンカー』で、来年3月から放送されるという。俳優キム・サンジュンやチェ・シラ、ユ・ドングンなどの大物俳優が勢ぞろいで、来年上半期の期待作となっている。

(参考記事:【最新版】韓国でリメイクされた日本のドラマを一挙紹介。えっ、あのドラマまで!?

「日本のヒット作に常にアンテナを張っている」

それにしても、今年は日韓相互でリメイク制作が盛んな一年だった。