アン・シネに影響か、イ・ボミらは?…韓国女子ゴルフが海外ツアー参加を制限へ

Pocket
LINEで送る

来季は韓国女子プロゴルファーたちの海外ツアー参加に制約があるかもしれない。KLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)が来季から、新たな規定を設けることを検討しているからだ。

筆者が最近入手した『2019年KLPGAツアー説明書』によると、「KLPGA1部ツアー出場選手(シード選手)の、同一期間内に海外で開催される海外ツアー出場回数は1シーズン最大3回までとする。

なお、KLPGAのメジャー大会と海外ツアーが重なる場合、メジャー大会に義務的に参加しなければならず、規定違反した場合は10試合出場停止・最大1億ウォン(約1000万円)の罰金が負荷される」と記されていた。

この『2019年KLPGAツアー説明書』はKLPGAが来季スポンサーのために公示した資料で、新規定は11月6日の理事会で話し合われ、あとは最終的な承認を待つだけになっているという。

次世代セクシークイーンは対象外だが…

新規定はイ・ボミ、キム・ハヌルなどすでに日本やアメリカなどの海外ツアーでシード権を持ちそこを主戦場とする韓国人選手には適応されない。