東方神起と“夢のコラボ”にファンも注目。韓国でもスゴい『妖怪ウォッチ』人気

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)東方神起

2018年は東方神起の人気の高さが改めて証明された一年だった。昨年、ユンホとチャンミンが兵役を務め上げて活動を再開したスーパーデュオは、2018年も数々の快挙を成し遂げている。

6月8~10日には、約7万人収容の日産スタジアムでアーティスト史上初めて3デイズコンサートを開催。

9月26日からは、『東方神起 LIVE TOUR 2018 ~TOMORROW~』と題した全国アリーナ&ドームツアーを行っている。筆者も12月3日から4日間に渡って行われた東京ドーム公演の際、現地でファンの声を聞いたが、集まった観客の多さとその熱量に圧倒されるばかりだった。

最近はBTS(防弾少年団)の“原爆Tシャツ”騒動などもあり、K-POP人気にも影響が出ることが心配していたが、それもどこ吹く風といった感じでもある。

先日も『日経エンタテインメント!』が発表した「2018年コンサート動員力ランキング」でも、B’zや嵐、安室奈美恵らスターたちを抑えて1位(128万人)に輝いていた。

東方神起は今月26日、デビュー15周年を記念したファンミーティングを予定しているというが、きっとそこでもさまざまな金字塔を打ち立てたそうな予感すらある。

(参考記事:誕生秘話と苦難を乗り越えて掴んだ栄光…東方神起とSMエンターテインメントの“光と影”

韓国も注目の『妖怪ウォッチ』コラボ

そんな東方神起の新曲『大好きだった』が主題歌に起用された映画『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』が、昨日12月14日から公開されている。