実の孫娘を妊娠させる、わいせつ動画配信を強要…韓国で親族間の性的犯罪が絶えないワケ

Pocket
LINEで送る

昨年には、50代の男性が実の娘にわいせつ行為を働き、わいせつ動画をネット配信させたとして逮捕されている。

仁川桂陽(インチョン・ケヤン)警察署によれば、この男性は娘が高校2年生だった2012年から昨年11月まで、約6年間に渡って娘にわいせつ行為を働いたという。男は、障害を持つ妻が寝ている隙を見計らって犯行を重ねていた。妻は娘が受けた被害に、まったく気づいていなかったという。

さらに同7月からは、2カ月間に渡って成人向けライブチャットへの出演も強要。視聴者の要求通りに服を脱がせて荒稼ぎし、無職のA氏はそのお金を生活費に充てていたらしい。

こんな事件もあった。

30代の韓国人男性は、16年11月にフィリピン出身の婚約者とその連れ子と3人で生活を開始した。同年末からは、妻の父と兄、妹もフィリピンから呼び寄せ、自宅で共同生活を送るようになった。

事件は結婚式を4日後に控えた2月14日に起こった。