意外と長くて深い韓国サッカーとドイツの“知られざる関係”

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
(写真提供=SPORTS KOREA)

韓国とドイツの関係は深い。かつてはドイツも韓国と同じく分断国家であったことから、韓国は経済や産業分野においてドイツを良い手本とし、目標にした。1963年からは西ドイツの労働力不足と韓国の高い失業率を補うために、西ドイツに移民する人々も増えた。

サッカーでも韓国とドイツの関係は長く深い。1968年にはドイツ人コーチをユース代表コーチとして招聘し、韓国人指導者たちも積極的に西ドイツに留学している。

1992年バルセロナ五輪アジア予選では、“日本サッカーの父”とされる故デットマール・クラマー氏が韓国五輪代表の総監督を務めたこともある。

何よりも決定的だったのは、韓国人初の海外進出プレーヤーとして1979年に西ドイツに渡ったチャ・ボムグンの存在だ。アイントラハト・フランクフルト、バイエル・レバークーゼンなどに在籍した1989年までの10年間で、308試合出場98得点を記録し、ブンデスリーガで一時代を築いた彼の存在により、韓国にとってドイツサッカーは身近な存在になった。

ブンデスリーガで活躍したチャ・ボムグム&チャ・ドゥリ親子

チャ・ボングン以降もキム・ジュソン(ボーフム)、イ・ドングッ(ブレーメン)、シン・ジェウォン(フランクフルト)、アン・ジョンファン(デュースブルク)、イ・ヨンピョ(ドルトムント)などがドイツでプレー。チャ・ボムグンの息子で幼年期をドイツで過ごしたチャ・ドゥリも、2002年から2010年、2012-2013年シーズンにブンデスリーガでプレーしている(2013年からFCソウルでプレーし、昨年限りで現役引退した)。

また、近年はドイツ移民第1世代の子息や孫たちがケルン、フランクフルト、マインツなどの下部組織でプレーしている。そんな中で世界的にも注目を集めることになるスター選手も生まれた。