美女たちの場外戦もあったミス・ユニバース。韓国でも過去に炎上騒動があった!!

Pocket
LINEで送る

タイのバンコクで行われていた第67回ミス・ユニバース世界大会が何かと話題だ。

大会前にはトランスジェンダーであるアンヘラ・ポンセさんがスペイン代表として参加していることが話題だったが、最近はアメリカ代表のサラ・ローズ・サマーズさんがベトナムやカンボジア代表の英語力のなさを指摘した動画をインストグラムにアップし、非難の集中砲火を浴びて謝罪した。

これらのニュースは韓国でも取り上げられている。

(写真提供=SPORTS KOREA)ペク・ジヒョンさん

今回のミス・ユニバース世界大会には、ミス・コリア選抜大会に対抗する新設大会『ミス・クイーンコリア』優勝者のペク・ジヒョンさんが韓国代表として出場しているが、彼女に関する記事よりも、「スペイン最高の美人はトランスジェンダー」(『イーデイリー』)、「ミス・アメリカ代表がアジアからの参加者たちを嘲弄した言葉とは?」(『ファイナンシャルニュース』)といった報道のほうが多い。

日本代表との「麗しき美談」

ミス・ユニバースは本選の前に各国の代表たちが2~3週間の合宿を行なうことで知られており、その合宿期間中は宣伝期間であり審査期間であることから、大会前からさまざまな情報が飛び交う。