【速報】アジアカップ韓国代表が発表。その特徴と皮算用とは?

Pocket
LINEで送る

来年1月に行われるサッカー・アジアカップに臨む韓国代表メンバー23名がつい先ほど発表された。

韓国はすでに12月4日に国内組とJリーグや中国リーグでプレーする選手だけで、12月11日から国内合宿を行なっていたが、今回は新たに欧州組も加えて最終メンバーを発表した。

メンバーは次の通りだ。

GK
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、チョ・ヒョヌ(大邱FC)

DF
キム・ジンス、イ・ヨン、キム・ミンジェ(以上、全北現代)、キム・ヨングォン(広州恒大)、クォン・ギョンウォン(天津権健)、キム・ムンファン(釜山アイパーク)、ホン・チョル(水原三星)、チョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ)

MF
ソン・フンミン(トッテナム)、ファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)、イ・ジェソン(ホルシュタイン・キール)、チョン・ウヨン(アル・サッド)、イ・チョンヨン(ボーフム)、キ・ソンヨン(ニューカッスル)、ファン・インボム(大田シチズン)、ク・ジャチョル(アウクスブルク)、ナ・サンホ(光州FC)、チュ・セジョン(牙山ムグンファ)

FW
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、チ・ドンウォン(アウクスブルク)

予備登録
イ・ジンヒョン(浦項スティーラーズ)、キム・ジュンヒョン(水原三星)

J移籍が噂されるロシアW杯組GKも

大きな特徴としては、ロシア・ワールドカップに出場したメンバーが中心になっていることだろう。