『逃げ恥』から『探偵ナイトスクープ』まで放映する日本専門テレビ局が韓国にあった!!

Pocket
LINEで送る

韓国には、地上波テレビとケーブル、有料チャンネルなどを合わせて計378のチャンネルが存在する(2016年調べ)。

日本は計211チャンネル(同じく2016年調べ)というから、人口比を考えると韓国のチャンネル数は非常に多いといえるだろう。

『過保護のカホコ』や『金曜★ロンドンハーツ』も

そのうちのひとつに、「チャンネルW(ダブリュー)」という名のテレビ局がある。

2014年10月に開局した韓国唯一の“日本コンテンツ専門”ケーブルテレビ局で、日本の最新ドラマやバラエティ、ドキュメンタリー番組などの独占放映権を取得し、数多くの日本のコンテンツを韓国に紹介している放送局だ。