小学生で24億円を稼ぐライアン君に続け…過熱するYouTuber人気、韓国でも

Pocket
LINEで送る

今や小学生たちが選ぶ“将来なりたい職業ランキングで上位を占めるようになったYouTuber。

それだけ新しい職業として脚光を浴びているという証拠だろうが、韓国でも「小学生のなりたい職業ランキング」に初めてYouTuberが登場した。

12月13日に韓国教育部が発表した『2018小中等進路教育現況調査結果」によると、小学6年生8598人を対象に実施した「なりたい職業」アンケートでYouTuberが5位にランクインしている。

2017年は10位どころか、20位圏内でも見かけなかったキーワードが突如現れたことで、韓国の各メディアはこぞって大きく取り上げた。

(関連記事:“日本人の嫌韓感情を煽る”韓国ユーチューバーの非常識行為の数々

芸能人に憧れる時代は終わりつつある?

今回のランキングを改めて感じさせることは、もはや韓国でも、子供たちがテレビに出てくる芸能人に憧れる時代は終わりになりつつあるということだ。