“息を呑む9頭身美女”チョン・ヘビンの超絶美ボディはいかにして作られたか

Pocket
LINEで送る

【前回】「2018年最高の美ボディ女神」とされるマッスル美女チョン・ヘビンとは?

韓国でいま、ひとりの“マッスル美女”が注目されている。ピラティス講師として活動するチョン・ヘビンがその人だ。

2018年10月にソウルで行われた韓国最高峰のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』で、ミズ・ビキニ・トール部門1位とコマーシャルモデル部門グランプリ(最高賞)を受賞。「9頭身美女」とされる見事なプロポーションも相まって、一躍人気者になった。

最近は、「2018年最高の美ボディ」と取り上げるメディアもあるほどだ。

日本の「筋トレ女子」ブームと同じく、身体を鍛える女性が増えている韓国で人気を広げているが、チョン・ヘビンはどのようにしてその美ボディを作り上げたのか。

ソウルで行った独占インタビュー第2回の今回は、彼女のボディメイクの秘訣に迫りたい。

「完璧なSライン」と絶賛

もともとはアニメ制作会社でOLをしていたというチョン・ヘビン。前回のインタビューでは、デスクワークをするうち10kgも太ってしまったことが運動を始めたきっかけと話していた。

ただ、“女神の美しさ”とされるインストラクターのイ・ユジュなども人気を集めるヨガや、手軽に行えるウォーキングなどではなく、ウェイトトレーニングを選んだのはなぜだったのか。