平昌五輪の「その後」。暴露された「熱狂の裏側」と「負の遺産」を韓国は解決できるか

Pocket
LINEで送る

年末年始にかけて、テレビや新聞、雑誌などでは2018年を振り返る特集が多く組まれたが、スポーツ界を振り返るとき、かならず登場するのが2月9日から25日まで行われた平昌(ピョンチャン)冬季五輪だろう。

韓国は開催国でもあっただけに「2018年スポーツ界10大ニュース」にかならず登場していた。多くのメディアが「平昌五輪の成功的な開催」をトップに挙げていた。

確かに平昌五輪は成功的だった。大会前は2億6600万ドルの赤字になるという憂慮もあったが、10月10日に五輪組織委員会がIOC総会で行った最終報告書によると、少なくとも614億ウォン(約62億円)の黒字になるという。

(写真提供=SPORTS KOREA)キム・ヨナ

招致段階から“平昌の顔”として活躍し、開会式では聖火の最終点火者を務めた“フィギュア女王”キム・ヨナも、平昌五輪以降は各種メディアや企業広告、雑誌モデルなどにも引っ張りダコである。

5月には4年ぶりにアイスショーに復帰し、12月には6年ぶりに海外でのアイスショーに出演し、その出演料を全額寄付するど、相変わらずのセレブぶりを発揮中だ。

小平との“友情”イ・サンファは今

結果の面でも韓国は大成功を収めた。