BTSに日本人が作った「造語」まで!! 知れば面白い韓国の新語・流行語

Pocket
LINEで送る

今年は職場や学校でどんな新語や流行語が使われるだろうか。

2018年は日本では「そだねー」、世界的には「Toxic(有毒な)」「Single use(使い捨て)」など、2018年の世相を表すさまざまな新語・流行語があったが、韓国でも年末に流行語が発表された。

カーリング女子韓国代表で日本でも“メガネ先輩”の愛称で一躍有名になったキム・ウンジョンの「ヨンミヤー!」という掛け声を覚えている方は多いだろう。

(写真提供=SPORTS KOREA)キム・ウンジョン

また、南北首脳会談をきっかけにブームとなった「平壌冷麺」や、過剰な情報を指す「TMI(Too much informationの略)」など、今年も数多くの流行語が韓国を賑わせた。

カカオトーク発表の「2018年のイシュー・ランキング」では、善かれ悪かれ日本でも何かと話題だったBTS(防弾少年団)もランクインしている。

1位の日本人による造語とは?

そんな中、2018年の流行語として見事1位に選ばれたのはなんと、とある日本人による造語だった。