日本では乃木坂46白石麻衣や広瀬すずが上位に。韓国の美しき“CMクイーン”は誰か?

Pocket
LINEで送る

新しい年を迎え、テレビや新聞などで公開されている企業の新しいテレビCMが話題だ。

「白戸家の人々」で有名だったソフトバンクは、広瀬すず、宮本浩次(エレファントカシマシ)、田中圭、吉沢亮、清原果耶などキャスト一新で新シリーズをスタートさせているし、斉藤巧(ルフィ)、泉里香(ナミ)、窪塚洋介(サンジ)、池内博之(ゾロ)、大悟(ウソップ)らが漫画『ONE PIECE』のキャラクターに扮したIndeedの新CMも話題になっている。

2019年もさまざなCMが話題になりそうだが、2018年12月にニホンモニター株式会社が発表したところによれば、2018年の女性タレントCM起用社数ランキング1位は、乃木坂46の白石麻衣。カゴメ、キリンビールなど18社のCMに起用されたという。

2位に広瀬すず(15社)、3位に有村架純と渡辺直美、ローラ(12社)が入っており、ここまでがトップ5だった。

2017年の1位がローラ、2位が広瀬すず、3位が有村架純だっただけに、白石麻衣の急浮上ぶりがわかるが、今年こそいよいよ、広瀬すずのCMクイーン戴冠があるかもしれない。

日本ほどはっきりと何社という数字は出ていないが、韓国でも“CMクイーン”と呼ばれる女性芸能人やCMでブレイクした美女たちがいる。

韓国の“次世代CMクイーン”は清純派!?

2018年、最もブレイクしたCM美女は、シン・イェウンだろう。