「箱根駅伝の最大の美徳とは…」。日本の駅伝文化を見つめる韓国の眼差し

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)

昨日から始まっている第95回東京箱根間往復大学駅伝競走。“箱根駅伝”は日本の正月の風物詩となったが、韓国でも箱根駅伝は紹介されている。

駅伝は韓国語で「ヨクジョン」というのだが、韓国のポータルサイト最大手の検索窓に「ハコネ ヨクジョン」と打ち込むと、過去記事からウィキペディア韓国版の「箱根駅伝」説明、さらには一般人が撮影・掲載した関連動画などがヒットする。

日本旅行体験者の個人ブロガーのレポートでは「毎年1月2日と3日、東京近郊は午前中に麻痺します」というのものから、「感動を呼ぶスポーツ、日本の正月の風物詩“箱根駅伝”」というタイトルまであって興味深い。

女性のスポーツ参加増加。ランニング人口も

もともと韓国にはマラソン好きが多く、日本同様にマラソンと言うと「人生の縮図」「人間ドラマ」というイメージが強くて中高年に人気だったが、最近はユ・スンオク、レイヤンらフィットネス・タレントの影響を受けてスポーツを始める人々たちが増えている。