“ホットシックス”に“美しき天才”まで!! 2019年も韓国女子ゴルフが世界を席巻するか

Pocket
LINEで送る

興味深い数字がある。韓国の女子プロゴルファーたちが2018年にアメリカと日本で優勝した回数だ。 

日本女子ツアーでの韓国人選手の勝利数はご存知の通り。

2018年はアン・ソンジュが通算5勝で3度目の賞金女王に戴冠し、年間MVPのメルセデス最優秀選手賞に輝いた申ジエはメジャー3勝を含め通算4勝を達成。黄アルムは3勝、ペ・ヒギョンとイ・ミニョンが1勝、これにアメリカ・ツアーで活躍するユ・ソヨンが日本女子オープンを制覇。韓国人選手だけで通算15勝を挙げた。

イ・ボミ、キム・ハヌルら“韓国美女ゴルファー神セブン”の優勝はなかったが、2018年も日本女子ゴルフ界では韓国勢の活躍が目立った。

(参考記事:イ・ボミとキム・ハヌルだけじゃない!! 韓国美女ゴルファー“神セブン”は誰だ!?

それはアメリカのLPGAツアーでも変わらず、パク・ソンヒョンがメジャー大会のKPMGウィーメンズPGAチャンピオンシップを含め3勝を飾り、7月のメジャー大会であるピュアシルク・バハマLPGAクラシックではキム・セヨンが制覇。そのほか、パク・インビ、チ・ウンヒ、ユ・ソヨン、チョン・インジ、コ・ジニョンなどがそれぞれ1勝を挙げ、通算9勝を挙げた。

15+9で通算24勝。韓国では世界で女子プロゴルファーたちを総称して「太極娘子(テグッナンジャ)」という言葉を使うが、2018年も太極娘子たちの強さは際立っていた。

その勢いは今年も続きそうだ。

まずはアメリカだ。