「日本に行くのをやめよう!!」出国税に敏感に反応する韓国にまたもや“ブーメラン現象”が

Pocket
LINEで送る

それは、日本を訪れる韓国人観光客が多いからに他ならないだろう。韓国人は、中国人に続いて2番目に多く日本を訪れている。

(注目記事:毎日2万人も訪れるが、お金はあまり使わない…日本を訪れる韓国人観光客の実態

日本政府観光局の「2018年11月推計値」を見ると、同月の訪日外客数は245万800人。そのうち58万8200人が韓国からの観光客だ。比率にすると、実に24%に上り、日本を訪れる外国人観光客の4人に1人は韓国人なのである。

日本を訪れる韓国人が多いからこそ、新たに始まった出国税に注目しているといえるだろう。

報道に触れた韓国ネットユーザーの反応はさまざまだが、「日本に行くのをやめよう」「韓国人だけで年間80億円くらい払うことになる」「日本旅行をすすめる広告を控えるべき」「観光で儲けたお金の一部が軍事力強化に使われると思うと…」といったネガティブな反応も見られる。

(写真提供=SPORTS KOREA)
興味深いのは、日本の出国税と同様の税金が韓国にあることを知らない韓国人が少なからずいるということだ。