日本代表も登場する“市場価値ランク”1位もアジア杯初戦で「冷や汗」韓国

Pocket
LINEで送る

1月5日にUAEで開幕したアジアカップ。C組の韓国は7日にグループリーグ初戦を行い、フィリピンに1-0で勝利した。

フィリピンとの歴代戦績はこれまで7戦7勝。FIFAランキング(116位)でも韓国(53位)が上回っており、アジアカップ出場数も韓国がイランと並んで最多の14回を数えるのに対してフィリピンは今大会が初出場だ。

試合前には、かつてイングランド代表監督として2度ワールドカップを経験したフィリピン代表のスヴェン・ゴラン・エリクソン監督が、「韓国代表の監督職に強い興味を持っていた」ことも明るみになり関心を集めたが、結果は大方の予想通り韓国が勝利を収めた。

(写真提供=FA photos)ファン・ウィジョ

ただ、フィリピンの守備をなかなか崩せず、チャンスは作れても最後の詰めが甘い試合内容でもあった。66分にようやく決まったファン・ウィジョのゴールで勝つには勝ったが、期待された“完勝”ではなかった。

1960年大会以来59年ぶりのアジア制覇へ向けて白星スタートを切ったが、韓国メディアも「ファン・ウィジョの値千金決勝ゴール 韓国、フィリピンに辛勝」(『スポーツソウル』)、「韓国、初出場のフィリピンに冷や汗勝利」(『聯合ニュース』)、「もどかしかった一戦、結局、解決士はファン・ウィジョ」(『NEWSIS』)などと報じている。

「史上初の決勝・韓日戦はあるか」

振り返れば、アジアカップ開幕前から韓国代表の注目度は高かった。