「日本対ベルギー戦も見た」北朝鮮代表の新監督と主将が直撃取材で口にしたという「変化」

Pocket
LINEで送る

1月5日から始まったサッカー・アジアカップ。現地時間で1月8日に行われるグループFの初戦に朝鮮民主主義人民共和国(以降、北朝鮮)が出場する。

チームを率いるのは35歳のキム・ヨンジュン監督だ。

現役時代は北朝鮮代表を長く務め、2005年2月のW杯アジア最終予選ではジーコ・ジャパンと対戦。その年の夏に韓国で行われた東アジア選手権の日朝戦ではゴールも決めた。

2010年南アフリカW杯にも出場した選手なので、その名を覚えている日本のサッカーファンもいるだろう。

ジーコ・ジャパンとも対戦した北朝鮮の新監督

そんな懐かしの選手が北朝鮮代表監督に就任したと報じられたのは昨年12月だが、実はその前からすでに北朝鮮代表監督を務めていた。