サウジに0-4敗。ペルージャ所属の北朝鮮代表FW退場に韓国メディア「不必要で無謀なファウル」

Pocket
LINEで送る

かつてユベントスが興味を示したと報じられたこともあった。

昨年3月のアジアカップ予選の香港戦でA代表デビューを果たした。

そんなハン・グァンソンが退場したことによって、北朝鮮代表も反撃に気力を失ってしまったというのが韓国メディアの見方だ。

『MKスポーツ』は、36分に続いて2枚目のイエローカードを提示された44分のファウルについて、「不必要で無謀なファウルだった。危ない場面でもなかったし、危ないエリアでもなかった」と指摘している。

内容面でも後味の悪い形で初戦を終えた北朝鮮代表。韓国メディアも関心を寄せているが、目標とする決勝トーナメント進出に向けチームを立て直すことができるか注目だ。

(関連記事:「日本対ベルギー戦も見た」北朝鮮代表の新監督と主将が直撃取材で口にしたという「変化」

(文=S-KOREA編集部)