森保Jの初戦は「Cランク」と韓国メディア。アジアカップ優勝候補の“成績表”

Pocket
LINEで送る

「格下のトルクメニスタンと激突した日本は、先制ゴールを奪われ、引きずられた」として、 「終始トルクメニスタンのカウンターに苦しめられていた」と綴った。

「“東アジアの盟主”を名乗る韓国と日本は期待に及ばなかった。勝ち点3を獲得したのが唯一の慰めだった」と、両チームに対する論調は手厳しい。

グループリーグ初戦が終わったアジアカップ。

大会は始まったばかりだが、日本や韓国など初戦で苦戦した優勝候補らは今後どんな戦いを見せるか。韓国メディアも注目している。

(文=S-KOREA編集部)