「旅券パワー」ランク1位の日本に韓国が対抗心!! 一方、”国籍放棄”の数は対照的な結果に…

Pocket
LINEで送る

韓国で、あるデータが関心を集めている。英コンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」が1月8日に発表した「2019パスポート指数」がそれだ。

これは同社が国際航空運送協会(IATA)の資料を基に、199カ国のパスポート所持者を対象に、227カ国中ビザなしで渡航できる行き先の数を算出して順位を付けたもの。

今年、トップに輝いたのは日本(190カ国)で、2年連続での首位となった。

それに続いたのが韓国(189カ国)で、シンガポールと並んで2位にランクインしている。

フランス、ドイツ(188カ国)が3位、デンマーク、フィンランド、イタリア、スウェーデン(187カ国)が4位、ルクセンブルク、スペイン(186カ国)が5位という順になった。

「韓国人は日本に負けたら2位でも意味がない」

この結果は数多くの韓国メディアで報じられている。