NGT山口真帆の暴行被害に韓国が注目する理由「“サセンファン”が人気アイドルを襲撃」

Pocket
LINEで送る

昨年12月に男性ファン2人から自宅に押しかけられ、暴行を受けたとされるNGT48の山口真帆。

山口は今後もNGTでの活動を続けることを明かしたが、所属事務所の対応やAKBグループメンバーの発言などが連日メディアで報じられており、現在も騒動は冷めやらない様子だ。

この事件は、韓国でも関心を集めている。

『TVREPORT』の報道

「日本のガールズグループNGT48山口真帆がファンに襲撃され…同僚が背後に?」(『ソウル新聞』)
「NGT48山口真帆、怪しい男に襲撃され“殺されるかもれないと思った”」(『TVREPORT』)
「日本の人気ガールズグループNGT48メンバー、男性ファンに襲われる“生きていてよかった”」(『エクスポーツニュース』)
など、韓国メディアでも多数取り上げられている。

韓国芸能人も苦しめられる「サセンファン」とは

人気アイドルがファンから襲撃されたことは韓国メディアにとってもショッキングだったようだが、この事件が注目されていることには、韓国で芸能人の悪質なファンが絶えないことも関係しているだろう。