元日本代表にJ1昇格戦士も韓国へ。「内憂外患」のKリーグで成功できるか

Pocket
LINEで送る

続々と発表になるJリーグ各クラブの新体制が話題だ。

昨年末には元スペイン代表のダビド・ビジャが昨季のアンドレス・イニエスタに続きヴィッセル神戸加入が発表されたことも関心を集めていたし、最近も各クラブの選手たちの移籍情報が連日のように報じられている。

韓国から新たにJリーグにやって来る選手も徐々に明らかになってきた。

昨季のKリーグ2(2部リーグ)で得点王、年間MVP、ベストイレブンに輝き、韓国代表にも選ばれたナ・サンホはFC東京に完全移籍。元韓国代表で蔚山現代のアタッカーである元韓国代表のイ・ジョンホは、J2のV・ファーレン長崎にレンタル移籍することになった。

ちなみにKリーグの大邱FCでプレーし、ロシア・ワールドカップで名を挙げた韓国代表GKチョ・ヒョヌもJリーグ移籍の噂か絶えないが、今のところまだその去就は明らかにされていない。

チョ・ヒョヌは奇抜な髪形がトレードマークで、昨年は日焼け止めのCMにも登場。愛妻家で伴侶も美人妻ということで話題の多い選手だけに、日本に来ることになれば関心を集めることは間違いないだろう。

一方で、鹿島アントラーズからフランスのトゥールーズへ移籍した昌子源など、海外へ活躍の場を移す日本人選手も増えているが、そのなかでも個人的に注目しているのは、新天地に韓国を選んだ日本人選手もいることだ。

日本人Kリーガーのなかでも高評価

例えば、清水エスパルスの増田誓志だ。