東方神起がまたもや快挙。「美しい顔」や「CMクイーン」にも負けない“広告効果”とは?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)東方神起

日本でも絶大な人気を誇るK-POPスーパーデュオの東方神起。彼らがまたしても快挙を達成し、韓国で話題になっている。

東方神起の広告効果とは

その快挙とは、韓国の格安航空会社(LCC)である「チェジュ航空」が1月14日に発表したもの。東方神起を広告モデルに起用したことで、日本での売上比率が大幅に上昇したという。

チェジュ航空によれば、累積搭乗者数6000万人突破に合わせて昨年12月18~25日に特価航空券の予約販売数を集計したところ、海外での販売額が全体の18.3%を占めた。2017年1月(3.3%)から15ポイント増加したという。

そのなかでも日本が占める割合が大きく、海外販売分の42.9%に上っている。昨年1月の(17%)から25ポイント以上増えたというから、日本での好調ぶりがわかるだろう。

そして、その好調を生んだ要因は、日本で人気の高い東方神起を起用したマーケティングにあるというのがチェジュ航空の分析だ。

東方神起は2017年5月から(チャンミンは兵役のため同9月から)チェジュ航空の広告モデルを務めてきたが、その広告効果が数字に表れたわけだ。

「美しい顔」「CMクイーン」に負けない注目度

もともと韓国では、芸能人の広告効果が話題になることが多い。