韓国ベテラン記者に聞いた森保ジャパンのアジアカップ中間評価「ロシアW杯時と変わった」

Pocket
LINEで送る

1月5日(現地時間)にUAEで幕を開けたアジアカップ。早いもので開幕から2週間が過ぎ、グループリーグも終了。日韓はそれぞれグループリーグ3戦全勝の成績を収め、グループ1位で決勝トーナメントに駒を進めた。

そんな日韓の戦いぶりと、これから始まる一発勝負のトーナメント戦を韓国はどう展望しているのか。森保ジャパンの戦いぶりをどう見ているのか。

その評価を知りたくて、韓国の有力紙『スポーツソウル』のウィ・ウォンソク編集局長に話を聞いた。

「まずは順当な結果でしょう。オーストラリアは序盤に躓きましたが、韓国、日本、イラン、といったアジア4強は勝ち上がり、そのほかの国もシャビがカタールのTV局で予想した通りになりましたね(笑)。もっとも、日本代表のアジアカップ・エントリーメンバーを見たときは、ちょっぴり驚きましたけどね」

「これが同じ日本なのか」と感じた

ウィ・ウォンソク編集局長は記者歴20年以上のベテランだ。日本と韓国が共同開催した2002年大会から数えてワールドカップは4度現地取材しており、UEFAチャンピオンズリーグやアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)などの取材経験も豊富。