どうするベント韓国!? 衝撃負けに自責のソン・フンミン、沈むファン・ウィジョ

Pocket
LINEで送る

59年ぶりのアジアカップ制覇を目指しながら、準々決勝でカタール代表に0-1で敗れた韓国代表。

早々と大会から姿を消すことになったその衝撃は大きく、韓国メディアの反応などは日本の複数のメディアでも紹介されている通りだが、選手たちもショックを隠せないようだ。

アジアカップ準々決勝敗退に沈む選手たち

例えばイングランド・プレミアリーグのトッテナムで活躍するソン・フンミンだ。

(写真提供=FA photos)ソン・フンミン

現地で取材している『スポーツソウル』のト・ヨンイン記者によると、かなり神妙な面持ちでミックスゾーンに姿を現し、「自分の責任であるし自分自身に腹立つ」と自責の念を隠さなかったらしい。

韓国代表でもチームのエースでありキャプテンを務めるソン・フンミンだが、今大会にはグループリーグ最終戦の中国戦から参加。招集時期を巡ってトッテナムと韓国サッカー協会が協議した末の決定だが、12月3日のアーセナル戦から1月14日のマンチェスター・ユナイテッド戦まで、約50日間で13試合をこなしてのUAE入りは明らかに強行軍だった。

中国戦からいきなり出場する献身ぶりを見せたが、結局、自身3度目のアジアカップはノーゴールに終わった。

アジアカップ初出場のファン・ウィジョも、もどかしさを隠さなかったという。