韓国サッカー界で発覚したセクハラ・性暴力。スポーツ界は根絶できるか

Pocket
LINEで送る

アジアカップで準々決勝敗退を喫して厳しい非難にさらされている韓国サッカーだが、実は先月、もうひとつ許しがたい出来事が発覚した。韓国女子サッカー界でもセクハラ・性暴力があったことが明るみになったのだ。

金メダリストの告発が大問題になるなか…

事件が起きていたのは、韓国女子サッカーリーグ(以降、WKリーグ)に属する韓国水力原子力FC。昨年9月、シーズン中にもかかわらずチームを指揮していたハ・グムジン監督が首位争いをしていたにもかかわらず、突如として解任されていたのだが、その理由が選手へのセクハラ・性暴力だったという。

昨今、韓国ではスポーツ界でも女子選手へのセクハラ・性暴力が大きな問題となっている。

ショートトラック韓国代表で、2014年のソチ五輪で金1、銀1、銅1のメダルを獲得し、昨年の平昌五輪でも女子3000mリレーで金メダルを獲得したシム・ソクヒが、コーチから常習的な性的暴行を受けていた事実を告発。それを機にさまざまな競技で問題が発覚している。

今回、女子サッカー界でもセクハラ・性暴力があったことが判明したわけだが、驚くことにハ・グムジン監督は、過去にもセクハラ問題を起こしていた。それも韓国女子代表レベルにおいてだ。

ハ・グムジン監督は2014年にU-20女子代表コーチ、2015年からはU-17女子代表監督を務めているが、U-17女子代表監督時代に韓国サッカー協会の女性職員にセクハラを働いて解任されていたという。

被害者はひとりやふたりではない

女子サッカー韓国代表と言えば、日本でも活躍する「美しすぎるサッカー選手」としてアイドル並みの美貌を誇るイ・ミナ(INAC神戸所属)が有名だ。