韓国サッカー界で発覚したセクハラ・性暴力。スポーツ界は根絶できるか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)イ・ミナ

イ・ミナもU-17代表、U-20代表を経て現在は韓国女子代表の主力に成長したが、代表レベルでセクハラ解任されたにもかかわらず、韓国水力原子力でも同じ過ちを繰り返していたというのだから、呆れてしまう。

しかも、その被害者はひとりやふたりではない。事態を重く見た韓国サッカー協会関係者が、韓国水力原子力FCの合宿に赴いて調査した結果によると、3~4名のセクハラ・性暴力の被害者がいたというのだ。

前出のシン・ソクヒも、コーチから常習的に、しかもかなり若い頃からパワハラやセクハラを受けていたそうだが、韓国水力原子力FCの選手たちも苦痛だったことだろう。被害選手たちのことを思うと、いたたまれない気持ちになる。

日本人選手も所属

それに韓国水力原子力と聞いて真っ先に心配となったのは、日本人選手・田中明日菜のことだ。INAC神戸などでも活躍した彼女は、2018年から韓国水力電子力FCに所属している。