日本のラファエル氏に続き韓国の仮面YouTuberもアカ停止。致命傷となったのは…

Pocket
LINEで送る

冒頭で紹介した有名YouTuberは、日本の「2ちゃんねる」に類似した韓国巨大ネット掲示板「DCインサイド」のヘビーユーザーだった過去が発覚し、激しい非難にさらされた。

本人の告白によると、女性芸能人のセクハラをはじめ、「天安沈没事件」や「セウォル号沈没事故」の犠牲者への嘲弄・冒涜など、本人曰く「改めて見るとクズ人間としかいいようがない」という悪質な内容を掲示板に書き込んでいたという。

ちなみに「DCインサイド」は、今や極右勢力として社会問題にもなっている“イルベ”こと「日刊ベスト」の母体となる掲示板だ。

これまでイルベでは元大統領への冒涜やTWICEメンバーに対する殺害予告、女子高生への強姦予告など、様々な書き込みが物議を醸している。そのようなイルベ出身の彼が配信するコンテンツに、数多くの人が熱狂していたわけだ。

「扇動されていたのか」「二重人格者に騙されていた」と、世間に衝撃が走ったのはいうまでもない。

ユーザーたちの怒りはなかなか収まらなかったようで、結果的に彼のチャンネルはコミュニティガイドライン違反による“アカウントの停止”となり、60万人のチャンネル登録者も一瞬で消えてしまった。

実は、韓国では同じような事件が過去にも起きている。