“マッスル美女”やK-POPアイドルも登場!! 韓国でも急浮上した「TikTok」の影響力

Pocket
LINEで送る

2018年の第1四半期に韓国支社が設立され、韓国音楽著作権協会やYGエンターテインメントなどと協約を結んで、本格的に韓国国内の利用者確保に乗り出したという。それから前出のような順位にランクアップしたのだから、いかに短期間で成長したかがわかるだろう。

実際、そのブームに乗ってK-POPアイドルたちも多数利用している。

「世界で最も美しい顔100人」で13位に入ったBLACKPINKのジェニーは、フォロワー330万人を持っており、TikTokを通じてファンとの接点を拡大している。

ただそれ以上に興味深いのは、韓国ではユーチューバーならぬ“ティックトッカー”ともいえる存在まで登場していることだろう。

ダンスクリエイターのイ・ユニは、昨年5月からTikTokをメインに活躍しているという。活動開始から8カ月でフォロワーは100万人を突破しているというのだから、その反響の大きさが伝わってくる。

それだけに今後注目されるのは、ユーチューバーたちに迫るティックトッカーたちの追撃だ。

周知の通り、日本では人気ユーチューバーのヒカキンがバラエティ番組に出演したり、芸人がYouTubeチャンネルを開設したりと、YouTubeの存在がすっかり定着している。