嵐の活動休止に韓国も反応。「ジャニーズの危機」「日本らしいと思った」

Pocket
LINEで送る

国民的アイドルグループである嵐が2020年いっぱいで活動を無期限休止するというニュースは、韓国にも即座に伝わり、各メディアがこぞって報じている。

「“解散ではなく活動休止”最後までファンを配慮する嵐」(『スターニュース』)、「日本の国民的グループ嵐、2020年まで活動。不仲NO、美しきフィナーレ」(『イルガン・スポーツ』)といった具合で、あくまでも「解散ではなく活動休止」と強調しながら、惜しむ論調だ。

嵐の活動休止を伝える韓国メディアの報道

発表から一夜明けた1月29日、ファンクラブ会員数が約10万人も増加するなど、日本中が「嵐ロス」に包まれたというニュースも流れたが、韓国でも「嵐ロス」は起きている。

特に韓国の20~30代の中には、「日本文化にハマったきっかけは嵐」「嵐の言葉を理解したくて日本語の勉強をした」という人も少なくない。韓国でジャニーズが人気を博していた2000年代の“日流ブーム”の中心には、嵐がいたと言っても過言ではないだろう。

2006年と2008年に嵐が韓国でコンサートを開催した時は、チケット販売開始と同時に15万人がアクセスし、30分で売り切れになってしまったほどだ。

リメイク作品も有名

また、メンバーたちが多方面で活躍していた嵐だけに、少しでも日本の文化や芸能に興味を持つ韓国人ならば、嵐メンバーたちのコンテンツを一度は目にしているはずだ。